【もやし体型卒業】筋トレサポーターdaiのBLOG

自分の経験を発信するためにブログをはじめました。筋トレについての私の知識を書き残していこうと思います。気になったら覗いて行ってください^ ^

試してほしい!とっておきの疲れを吹き飛ばす方法をお教えします。

 

 

 

 

こんにちは、

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

 

突然ですが

日々のお仕事や部活、トレーニングで疲れが溜まっていませんか?

 

 

毎日の疲労の蓄積をそのままにしておくと

 

体調不良やケガ、精神的なダメージを

招く原因となります。

 

 

疲れが取れないままだと

トレーニングのやる気も失われます。

 

 

ケガをしてしまっては元も子もないですし

やる気がなくては継続することが困難です。

 

 

 

 

なので今回はこの記事を読んでくれている方に

 

疲れを吹き飛ばす方法

 

をお教えしたいと思います。

 

 

 

この記事を読んでくれたあなたは

 

朝起きた時に自分の身体の軽さ

驚きます!

 

やる気がupしてトレーニングを

継続することが可能になります!

 

 

 

 

 

しかし、この記事を読まなければ

 

 

普段やっているストレッチでは取り除けない疲れに悩まされ続けます。

 

身体の調子が上がらず、

何に対してもやる気が出ません

 

 

 

 

ではその魔法のような

疲れを吹き飛ばす方法とは何なのか。

 

 

それは

 

積極的休養です。

 

 

 

 

この言葉を初めて聞く人も多いと思います。

 

しかし、これは簡単に実践できて

効果はテキメンです!!

 

 

そもそも積極的休養とは何なのか。

 

簡単に解説したいと思います↓↓

 

 

 

まず休養には2つの種類があります。

 

消極的休養

今回ご紹介する積極的休養です。

 

 

1つ目の消極的休養とは

決してマイナスな意味ではありません。

 

睡眠や何もせずにゴロゴロすることや、

マッサージや入浴がこれに当たります。

https://image.mamapress.jp/wp-content/uploads/2017/05/shutterstock_410574895-600x400.jpg

 

 

そして積極的休養とは

 

疲れが溜まっている状態のときに

あえて軽めの運動を行い血行を良くし疲労回復を促す休養法です。

(軽めの運動=ウォーキングやジョギングなど)

https://s.eximg.jp/expub/feed/Woman_woman/2016/E1454576044121/1454576687_1.jpg

近年では

 

積極的休養は消極的休養の2倍の効果がある

とも言われています。

 

 

アスリートはこの2つの休養法を

うまく使い分けているそうです。

 

 

 

 

積極的休養の例を挙げると↓↓

 

 

トレーニング後に軽めのウォーキング

またはジョギングを行う。

 

ウォーキングなら早足で汗ばむ程度

ジョギングなら難なく会話ができる程度

 

 

これを目安に5~10分を目安に行います。

その後、その日にトレーニングした箇所を中心にストレッチを行います。

 

ストレッチするときは焦らずにゆっくりと。

 

 

冬場で冷える時などは身体を冷やさないように厚着して行うと効果が増します。

 

 

 

今回はおすすめの疲労回復法について

書かせていただきました。

 

私はトレーニング後だけでなく

仕事で疲れたときに取り入れています。

 

朝起きたとき身体の軽さに驚きますよ!

ぜひ試してみてください^ ^

 

 

 

では今回はここで失礼します。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

   筋トレサポーターdai

 

 

 

最高の人生を手に入れるためには

http://dnaimg.com/2012/03/08/happiest-animals-in-the-world/happiest-animals-in-the-world_006.jpg

 

んにちは

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

突然ですが、あなたは一度しかない人生に満足していますか?

 

 

 

実際に人生を思いっきり楽しめている人って

どのくらいいるのでしょうか。

 

 

 

 自身の人生に満足していない人は、自分の内面にその原因を持っている場合が多いと考えられます。

 

・物事を深く考えすぎてしまう

・必要以上に自分を責めてしまう

・目標とするものがない

 

 

それ以外に、他者とのコミュニケーションやその場の環境などでも人生の満足度は変化します。

 

これらの要因は全て努力次第で変えることができます。

ですが結局、最も重要なのは自分の価値観や考え方です。

 

 

では何をすれば自分の内面・考え方を変えて

結果的に人生を変えることに繋がるのか。

 

その答えは

他でもない筋トレです。

http://kintorecamp.huvjjtmj02bn.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2015/03/bench-press-1st1-e1428106039391.jpg

 

え?どういうこと?

筋トレで人生を変えられるなんてありえない。

 

と思う人もいる思います。

 

 

 

ですが、これはしっかりとした根拠のもとに

成り立つ考え方なのです。

 

 

今回はあなたにその訳を知ってもらい、日々のトレーニングをより良いものとする活力にしていただきたいと思います。

 

 

 

この記事を読めばあなたは

 

筋トレの素晴らしい効果を知ることができ、トレーニングに対する意識が劇的に変わります。

 

その意識の変化、トレーニングの積み重ねにより人生を変えることができます。

 

 

 

 

しかしこの記事を読まなかった場合

 

筋トレによって得られる最大の効果を

知らないままです。

 

内面の悩み、考え方を改善できずに

満足できない現状と向き合い続けます。

 

 

 

*自分の現状に満足できない、自分を本気で変えたいと考えている人だけ読み進めてください

 

 

 

 

 

 

ではなぜ人生を豊かにするためには

「筋トレ」なのか。

 

それはトレーニングをしっかり続ければ

筋肉自信を得ることができるからです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/penta0602/20170307/20170307070507.jpg

 

そうです、この「自信」こそが

あなたの人生を変えることに繋がるのです。

 

 

 

先ほども言いましたが、

 

人生に満足できない人の多くは

自己の内面にその原因を抱えています。

 

その内面的要素を解決するのに必要なのが

「自信」ということなのです。

 

 

 

トレーニングによって筋肉をつけ身体が大きくなると、同時に自分に自信が持てるようになります。

 

 

すると

 

・過度に自責の念に苛まれることが無くなります

・周囲の人とも余裕を持って接することができるようになり友人が増えます

・多くの人と関わりを持つことで様々な考え方に触れることができ自分の進むべき道が見えてきます

・視線が前を向き、背筋が伸び考え方がポジティブになります

・周囲から人望を得ることができます

 

 

このように、自信を獲得することで

多くのリターンを得ることができます。

 

 その変化が勉強や仕事の出来高に直結します。

 

 

つまり

 

筋トレは人生を変えることに直結する最大の自己投資なのです。

http://40workout.com/wp-content/uploads/2014/03/16280a3f350df00d7cb6a732af3374c9.jpg

 

筋トレをして筋肉と自信を手に入れませんか?

 

 

 

では今回はここで失礼します。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

  筋トレサポーターdai

 

知らなきゃ危険なストレッチの重要性!?

 

 

 

 

んにちわ、

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

今回は、筋トレをする際の

 

正しいストレッチの方法

 

についてお伝えしたいと思います。

 

 

 

あなたはトレーニングをする際に

しっかりストレッチしていますか?

 

筋肉をつけたいのになんでストレッチ?

身体の柔らかさは関係ないじゃん。

 

 

なんて思ったそこのあなた、

 

実はストレッチは筋トレをする上で

とても大切なことなんです。 

 

 

 

例えば

 

スポーツをする際に

ストレッチをしますよね?

 

これは誰もが知っている常識です。

 

 

 

ではなぜストレッチをするのか?

 

 

それも明白です。

 

ケガの予防のため、

パフォーマンスを向上させるためです。

 

 

 

ここまでの説明で気づいたかもしれませんが

 

筋トレにおけるストレッチも

この考え方と全く同じなんです。

 

 

少しだけ筋トレ時のストレッチの重要性を

理解していただけたでしょうか。

 

 

私を以前、身体のケアの重要性に気づかずに筋トレを行い、膝を痛めたことがあります。

 

 

私はこの出来事がきっかけで

身体のケアの大切さを理解できました。

 

 

しかし、今この記事を読んでくれている方には

私と同じ経験はして欲しくありません。

 

 

 

筋肉を少しでも早くつけたい

 

正しい知識を身につけて

安全にトレーニングに取り組みたい

 

 

少しでもそう思うなら

ぜひこの記事を読んで試してみてください^ ^

 

 

 

この記事を読めばあなたは

 

ケガをすることなく、

より効率的に筋肉をつけることができます。

 

 

 

しかしこの記事を読まないままだと

 

筋肉がつくこと以前に

身体を痛めてしまいます。

 

同じトレーニング量でも

成果が出るのが遅くなってしまいます。

 

続きを読む

腹筋だけ鍛えても意味がない?!

 

https://stat.smartlog.jp/wp-content/uploads/2016/08/50289910/shutterstock_232815574-689x460.jpg

 

 

こんにちは、

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

 

〓シックスパックに割れた腹筋〓

  

ふとした時に覗く割れた腹筋。

単純にかっこいいです。

 

お腹がしまっているだけで

あなたの男のランクは上昇します。

 

もちろん一番のポイントは

女性の大好物だということです(笑)

 

 

 

しかし、腹筋だけ鍛えても

見た目がいいだけの筋肉

いわゆる「見せ筋」    

として成長するだけです。

 

もちろん筋トレをして腹筋を鍛えれば、

割れた腹筋を手に入れることは可能です。

 

ですが、腹筋とともにある部位を鍛えることであなたの体は周りの人にはできないようなパフォーマンス能力を得ることができるのです。

 

スポーツ競技において

この能力の価値は計り知れません。

 

 

 

 

あなたはこの記事を読むことで

見栄えのいい、そしてスポーツにおいても使える腹筋を手に入れることができます。

 

 

 

この記事を読まずにページを閉じてしまうという行為は、貴重な情報を捨てていることと同じです。

http://cqrollcall.com/statetrackers/wp-content/uploads/sites/3/bigstock-I-made-a-mistake-73127566-800x558.jpg

いくら腹筋をつけたとしても

それを活かせなければ意味がありません。

 

努力して筋肉をつけるのなら

より上質な肉体を手に入れましょう!

 

 

 

 

【使える腹筋をつける為にはどうすればいいのか】

 

 

 

その答えは

 

 

背筋を鍛えるです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/for_macho_365/20160719/20160719111931.jpg

 

前回の記事で身体のバランス(上半身と下半身のバランス)についてご紹介しましたが、今回はその第二弾、身体の表と裏です。

 

つまり胸筋や腹筋が

それに対し、背筋がという考え方です

 

 

背筋を鍛えると姿勢が良くなります。

 

いくら筋肉がついても

猫背だとカッコ悪いですよね。

 

 

またスポーツをするにしても

 

裏と表のバランスが悪いと

腰痛に悩まされたり、身体を痛めたり、記録が伸び悩んだりします。

 

 

 

【背筋を鍛える際のポイント】

 

どの部位の筋肉を鍛えるときもそうですが、

「今ここを鍛えてるんだ!」

という意識を持ってトレーニングすることが重要です。

 

具体的には、鏡を見ながらトレーニングしたり

鍛えている部分に熱が持っているのを感じるということです。

 

 

しかし背筋は

「意識しながらやる」

ということが難しい部分です。

 

 

ですので他の人に背中を押してもらったり、重りとなるものを背負うことで負荷を高めて効果を感じやすくすることが効果的です。

 

 

一般的に、背筋:腹筋=7:3の割合でトレーニングすることが推奨されています。

 

それは、身体全体における腹筋の割合は小さく

それに対して背筋は割合の大きな筋肉だからです。

 

これからは腹筋だけでなく

「背筋」を意識してトレーニングしてみてください。

 

 

 

 

では今回はこの辺りで失礼します。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

   筋トレサポーターdai

 

 

初心者にありがち 【筋トレ=下半身トレではない】

 

 

 

 

んにちは、

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

今回は、

 

理想の身体を手に入れるために大切な

身体のバランス

についてご紹介します。

 

 

 

 

この記事を読めばあなたは

 

理想的な身体を手に入れることをしっかりイメージでき、それを現実にできます。

 

 見た目も美しく、スポーツに活かせる身体になります!

 

 

しかし、この記事を読まなければ

 

理想とはかけ離れた格好悪い身体、そして「使えない身体」になってしまいます。

 

まだ身体ができていない段階で

この記事を読んでいるあなたはツいてます。

https://www.rarejob.com/cms/wp-content/uploads/2016/07/handgesture-750x500.jpg

 

格好いい細マッチョボディを目指す人のみ読み進めてください。

 

 

続きを読む

効率のいい筋トレ方法を伝授

 

 

 

んにちは、

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

 

いきなりですが、

トレーニング続けられていますか?

 

 

以前の私は、

 

よし、今日から筋トレ毎日続ける!

なんてやる気になって始めるも…

 

寝て起きればその決意は何処へやら。

完璧な三日坊主でした。

https://irorio.jp/wp-content/images/uploads/2016/03/119a1cac05fd2e8a1adf748c4a145878.jpg

 

 

現在、筋トレを続けられなくて

悩んでいる人もいると思います。

 

 

その原因は、

 

「筋肉をつけるためには

 多くの数をこなさなきゃ」

 

という意識から無理な回数設定を

してしまっているためかもしれません。

 

多くの人は面倒に感じてしまい

続けることができないのです。

 

 

 

ですので今回は、

 

少ない回数で効果が出せるトレーニング方法

を伝授したいと思います。

 

 

 

この記事を読まなければあなたは

 

三日坊主から抜け出せず、

いつまでたっても効果を得られず

時間を無駄にしてしまいます。

 

 

 

この記事を読んでくれればあなたは

 

短い時間で身体を追い込むことができ、

それに伴い三日坊主から抜け出すことができます。

 

そして今までにない充実感を得るとともに

理想の身体に近くことができます!

http://i2.wp.com/silver-gym.net/wp-content/uploads/2015/03/gi3.jpg?resize=450%2C609

 

目の前に細マッチョになることができる

チケットが落ちています。

 

ぜひ持って帰ってください。

 

 

 

 

では早速、

少ない回数で効果が出る筋トレ法を紹介します。

 

 

例えば、腹筋を100回したとします。

正直かなりきついです。

 

ですがこれよりも少ない回数で

100回こなすよりも大きな効果を得る方法があります。

 

 

 

どうやるのかという 

 

腹筋をする際に、顔の前で重りを持ちながら

やってみてください。

 

 

重りの重量は、

「それを持って12回上体を起こすのが限界」

という重さがベストです。

 

 

 

重りなんて持ってない…

 

という人は水の入った2リットルのペットボトルを

リュックに入れるか、紐で縛ったりして代用してくださいい。

 

軽ければペットボトルの数を増やして

自分にあった重さに調節してください。

 

 

 

12回上体を起こすのが限界

という重りを使って8〜12回腹筋します。

 

 

これを1セットとして

 

1セットこなすごとに

90秒の休憩をとってください。

 

これを繰り返し

最低3セット行えば、かなりの効果を

体感することができると思います。

 

 

ここでのポイントは

90秒の休憩をとるということです。

 

休憩が長いと効果が薄まってしまいます。

 

90秒経過したらすぐに

次のセットを行ってください。

 

また休憩が長すぎても次のセットに疲労が響いて

しまい、しっかりとトレーニングを行えません。

 

 

 

ちなみに、12回という数字は

 

・腕立て伏せ

・アームカール

・ベンチプレス

 

といった他のトレーニングを行うときの

基本の回数でもあります。

 

トレーニングをするときは

最低限12回×3セット行うのが基本です。

 

筋トレをするときの指標にしてみてください。

 

 

 

では今回はここまで。

 

これからもどんどん

筋トレに関する極意を載せていきますので、

よかったら参考にしてみてください^ ^

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

          筋トレサポーターdai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉をつける魔法「超回復」

 

 

こんにちは、

 

筋トレサポーターのdaiです。

 

 

 

今回のテーマは超回復です。

 

超回復

なんだかとてもかっこいい響きです(笑)

 

このワードを初めて聞いたという人もいるかもしれませんが、

筋肉をつける上で前回のテーマである「食」と同様にとても重要なことです。

 

 

 

超回復とは、

言い換えると休養のことです。

https://kosodatetown.mamafre.jp/wp-content/uploads/mmmm021.jpg

筋肉はトレーニングによって

痛めつけるだけでは大きくなりません。

 

 

筋肉の修復に有効な食材を取り、

しっかりと休ませることで強く生まれ変わります。

 

 

一般的に、筋肉が回復するのに

「48〜72時間」

の時間を要すると言われています。

 

筋トレをしてから2〜3日は身体を休ませる

という計算になります。

 

筋肉痛が引かないうちにトレーニングをするのは

逆効果というわけです。

 

 

この超回復を正しく理解していれば

より効率よく筋肉をつけることができます。

 

 

なのでトレーニングする際には

 

今日は上半身、明日は下半身

といったようにサイクルを組むことを

オススメします。

 

 

 

 

「食」そして超回復

 

この二つの正しい知識を得たあなたは

確実に理想とする身体に近づいています。

 

では今回はここまで。

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

  筋トレサポーターdai

 

 

 

#筋トレ #トレーニング

#細マッチョ